カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

拝啓 膝神様

DSC_0135 copy


「カヤックは膝と腹筋の引きつけで操作するものだから、とにかく膝を内側にしぼって使うことを意識して!」

かなり知られているカヤックの基本だけど、実は「膝をとにかく意識し続ける」だけでは本当に大事なことは習得できないのかもしれない。

カヤックと接している最も大きな筋肉は足の付け根から膝にかけての大腿(太もも)の筋肉。これは誰がなんと言おうと変わらない事実。だからカヤックもこの最も大きな筋肉のパワーをうまく使えるか?がキーポイントになってくる。

DSC_0093.jpg

このでっかい筋肉を動かす上で支点になる場所は「膝」。だから、「常に膝を意識してカヌーを動かそう」というアドバイスがよく行われる。そこを意識すれば、結果的に骨盤のたった良い姿勢になり、上半身の力も抜け易い。これは間違ってはいないし、私もそうしたアドバイスを何度もしてきた。

だけど、ここに人間のメンタルが関わってくると、膝を入れ続ける法則は簡単に崩れてしまう。

「力んだ瞬間や体勢が崩れた瞬間、焦った瞬間」などの時、殆どの人が膝を抜いて足を突っ張ってしまう傾向がある。

DSC_0096 2

「焦った瞬間」の代表格はロールの時。カヌー歴がそこそこあるのにハンドロールが苦手。クリーク艇ではハンドロールが出来ない、というような人は、多分起き上がる瞬間に「膝というよりも足先」に力がいっています。実は恥ずかしながら私もクリーク艇でハンドロールが微妙なパターンに含まれていました。

次に「力む瞬間」についてですが、これは全てのカヤック操作に当てはまります。
ブーフ、スイープストローク、スポットに落とされそうなときのフォワードスロトーク。

例えばブーフでは、まるでエアスクリューをやる時のそれのように、足先と腰を前に出してボートを押し出そうとする傾向が中級者までによくみられる。この方法だと気持ちだけは前にいくけど、ボートは決して前に飛んでくれない。これもブーフストロークと同時に膝を入れる意識を持つようになれば、ボートと体が一体となって飛ぶ感覚がもてるはずです。これはフォワードストローク毎に膝を入れる練習でも、すぐにその有効性が分かるはず。


また、フリースタイルカヤックでいうとブラント、カートなど技の瞬間の時も膝を抜く傾向があります。
例えばブラントで膝が入っているかどうかのバロメーターが実はとても分かり易い。

目線が前を向いているか(あっち向いてホイしていない)で判断出来る。
②ブラント copy

こういうカッコいいブラントが出来ない人は、バウを入れる瞬間に膝を意識してみましょう。必ずこういう前向き目線のブラントになります。クリーンブラントも同様です。後ろを向いてしまう人(私もそうだった)は膝が抜けています。


カートホイールが続かない症候群の人もやはり膝です。

PIC_0060.jpg

写真のように2エンド目のスターンを入れるときに、膝が抜けて足先に力が行きがちですが、こうすると、回転方向へのリードが不十分で3エンド目が必ず遅れる。※これは静水カートがテキメンに理解しやすい。


次に憧れのマックナスティ
PIC_0049.jpg

これもバウ先を踏み込みたい、という意識があるのので、足先に力をいれがちですがNGです。
そんな小さな筋肉でボートは沈みません。足先に力がいくと、上半身の力に頼るしかなくなるので、姿勢も悪くなるという二重苦が発生します。あと、応用の「強烈に勢いをつけて踏む」という行為も足先メインでは出来ません。



ということで、「膝を入れ続ける意識だと、逆に本当に必要な時に膝が入りにくい」ということが理解できたかと思います。
10年経っても気付かない人は気付かない、この法則への対策・・・

それは「動きのあるときだけ膝を意識する。」でOK。

ロールをする瞬間、ブーフやブラントを打つ瞬間だけ100%明確に膝を意識してみる。これだけでえらい違いを体感出来るので、あとは習慣になるまで意識し続けるだけ。
停滞していた?カヤック技術がかなりの速度で進んでいくはずなので、是非お試しあれ。




ちなみに、本当にカヌーが巧い人達は「膝はそんなに意識してないなあ。」などと言う傾向がある。笑

これは彼らが巧くなる過程の中で、膝をきっちり意識する修練を積んでいて、無意識でも膝が入れられている、という土台の上に成り立っているものなので勘違いは御法度です。そんな巧い人達も「昔は膝を意識していた」ということを必ず言っている。誰がなんと言おうと一番デカくて使える筋肉は太ももなのです。


ちなみに、個人的にも動きの中での膝が意識出来るようになったら、最終的には「膝をいれつつ拇指球で押さえる」が正解だろうなあ、と思っています。
これはまた別の機会に^ ^

アマゾンプライム

いつの間にか入ってしまっていたアマゾンプライム。
商品発送の際の無関心なクリック連打のせいで、どうやら年会登録されてしまっているよう・・。

20170704142840a86.jpg

せっかくなので、有効活用しようと無料映画見放題。これ何気にiPhoneでも見られるのでかなりいいかも!?
レンタルビデオ屋でレンタルする時代ではないことを改めて思い知る事となった。

結果的に随分前から気になっていた「ウォーキングデッド」漬けにされてしまった。(現在シーズン5)

2017070414281420e.jpg


このお話は、ゾンビになってしまった人が次々と人を襲い、噛まれた人もまたゾンビになって人を襲うというゾンビものの代表格的設定。そして何も生産出来ない終末的世界で生きていくために、重要になってくる食料が「缶詰」。
この話でもやたらと缶詰が登場するので気になって調べてみた。

なぜ缶詰が腐らないのか?
これは缶詰の中を完全な無菌状態にしているから、らしい。缶内を腐食菌や微生物が一切いない環境にすることで、中のモノが腐る事は絶対にないのだという。どれくらい「絶対」なのかというと、缶詰の外缶が腐食して空気が入らない限りなのだとか。
だから缶詰は缶の腐食さえなければ100年経っても理論上食べられるらしい。ちなみに最長老の缶詰を食べたという記録は114年。美味しかったとか。

缶詰凄すぎだろ。笑



清津峡でBeat down

20170608204734cdc.jpg

満を持して柳本ちゃん安藤太郎と遠征した清津峡だったが、過去にないほど痛めつけられて敗退しました。

20170608204754bcb.jpg

ここは4回目の航行だが、5月中に行ったのは初めてであり、過去の航行の3倍くらいの水が流れていたと思われる。
※それでもゴール地点の下流を見る限り、凄く多くて「危ないかも?」というイメージはなかった。

最初の狭いゴルジュ地帯も全く止まる
地点、下見するポイントのないデッドコースター状態で相当手強かったが、問題はいつもポーテージしていたクラス5〜6地点。元々崩れ易そうな地層だった左岸が、大規模な土砂崩れによりポーテージ不可能になっていた。
その結果、相当なリスクを負って下る選択肢しかなく、結果的に運が悪く?私のスプレーが外れ、追ってきた柳本ちゃんのパドルも折れる、というここ一番で清津峡の悪魔に見入られたとしか思えないような出来事が重なって二人が沈脱。

クリークはもちろん、ダウンリバーでの沈脱もしたことがなかった私は初の流されがシーブもある本気のクラス5、という最悪の事態。
パニックになる暇もないほど、ほぼほぼ水中を流され超ビッグホールにも戻され、下半身のあちこち48カ所を打ちまくり、息絶え絶えで岩場に辿り着いた。シーブがとにかく怖くてずっとオフェンシブスイミングを試みていたと思うが、岩場に辿り着いた時には、手が疲労で痙攣していて、足は打撲が痛くて全く動かなかったことを覚えている。
たしか息絶え絶えに「助かった・・・」と呟いたと思う。

そしてその後は唯一沈脱をしなかった安藤太郎の前方ガイドにより、地獄の2キロ雪解けスイミング。
※私のボートは流され、柳本ちゃんのボートはクラス5区間にブローチングしてしまった。

打撲で足が痛く殆ど動かなかったので、これが本当に辛かった。これは柳本ちゃんも同じだったようで、二人して「もう川に入りたくない」を何度繰り返したか分からない。※清津峡では日本三大峡谷と呼ばれるだけあって、岸を歩けるスペースがほぼ皆無で、クラス3以上の急流を泳ぐしかなかった。

このとき、サンディのフルドライを着ていたのだが、もしフルドライでなければ、低体温症になっていたと思われる。これは本当に良かった。雪解けの川を漕ぐ時はフルドライ。自分の指標の一つとなる経験であった。

あれから2週間が経ち、ようやく下半身の重度の打撲から解放され始めている現在です。安藤太郎が沈脱をしなかったことと、二人とも骨折がなかったことが不幸中の幸いだった。
どちらかの条件でもビバークは必至だったと思われます

今回のBeat downの詳しい内容は次号のプレイボーティングで書く予定です。

2017060820472028f.jpg

皆さんのご協力のお陰で、柳本ちゃんのボートも後日回収されたようです。当日にゴール地点で回収出来た私のボートもそこそこ損傷していますが、こちらはかなりのBeat downです・・

清津峡

5月のビッグウォーター清津峡へ!

今回はスノーブリッジを登るつもりで最終兵器投入。



キーンブーツへの装着


そしてテンションが上がってきたので、システム作成。


たのすぃー

衝撃の事実に直面する



「伊藤さん、膝を外し過ぎだからですよ。」
タンの瀬10mで苦戦する伊藤さん対してアドバイスしたこの言葉が端緒であった。

先日その時のことをふいに思い出して、スラロームで自分の動きを確認したところ、自分も「大事なところで膝を緩めている」という衝撃の事実に気づいてしまった。

「大事なところ」というのは、スイープやブーフ時など、ここぞという一発の大事なストーローク時。また、フリースタイルプレイではブラントを打つ瞬間、ループやフォニックスを刺す瞬間、エアー着地の瞬間など、(アソビなくボートを動かすために)本来最も膝に力を込めるべき瞬間に、逆に力を抜いてしまっているのである。
(これはパンチを打つ瞬間に、拳から力を抜いているのと同じようなことである。)
具体的にいうと、本人的には気付かずに、膝ではなく足先寄りに力を込めてしまっていたのだ…
※多分 膝:足先=4:6くらいのバランスで。

カヌーは、体幹の最も大きな筋肉である腹筋と膝の引きつけによりボートを動かすスポーツなので、体幹から最も離れていて小さな筋肉しかついていない足先では当然ボートを動かしにくい。
動かせないものを無理やり動かそうとすると、あとは上体の筋肉(背中)を使うしかない。
結果的に効果的にボートが動かせていない、ということになる。
(そして結果的に姿勢も悪くなるという悪循環。)

気付かずにやっていたことなので、修正するためには、もう毎回意識するしかない。ということで、かつてないほど膝を意識してブーフやスラのストロークの練習を行ったら、「これ全然別物、っていうくらいボートが付いてきますやん」という効果が確認できた。

プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク