カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

羨望の「牛金淵」

GOPR0183.jpg

最近何度も足を運ぶようになった山梨県丹波川



ここには殆ど攻略されていないセクションがあるという。
その名も「牛金淵」(うしかねぶち) ※「ぎゅうきんぶち」ではないらしい

丹波川セクションの最上流とも言える箇所には、かの有名な「花魁淵」がある。

武田信玄の栄光を支えたとされる「黒川金山」が閉山される際、55人の花魁(おいらん)達が川上の舞台で踊っている最中に、口封じのため全員が舞台ごと淵に落とされたという言い伝え。かなり信憑性が高いらしく花魁淵横には慰霊碑までたてられている。

さらに、丹波川渓谷で最も険しいとされる下流区間には牛の形をした金を沈めたという伝説。その場所を「牛金淵」という。

ゴルジュ地帯で下見が相当厳しいため(一度ゴルジュに入ってしまうと引き返すことはほぼ不可能)、行ったことのあるパドラーは極わずか。
私が聞いた中では、10年前に八木達也、そしてスラローマーの安藤太郎、佐藤俊平が挑戦したという。

そんなワクワクする伝説を聞いた以上、いてもたってもいられなくなり花魁淵下から牛金淵下までを降下する計画をたてる。
メンバーは今井ちゃんとロンドンオリンピック帰りの矢澤一輝の計3名。

今井ちゃんはフリークライミングの経験があるので、牛金淵を下見する際にかなり頼もしい相棒となることは間違いなく、一輝のカヤックテクニックは言わずもがな。
この日のために、詳細な下調べをする。

GOPR0262_01.jpg
プットインは懸垂降下


しかし、前日に急遽入ったというテレビ取材のため、痛恨の来られない報告が一輝から寄せられる。
迷った末、今井ちゃんと二人で決行。
もちろん、下見をきっちりやってダメそうなら上がる計画で。

続く


牛金淵について記述のあるカヤックサイト
スポンサーサイト
コメント
No title
ワクワク!!。。
2012/09/20(木) 05:50 | URL | ペンキ屋のイシイ #-[ 編集]
No title
ドキドキ!。。。
2012/09/22(土) 09:35 | URL | サシペレレ #.rEgMis2[ 編集]
なんか、昔の核心部の画像は形が全然違う様な、、、岩の位置とか。侮れませんね~。
2012/09/23(日) 18:24 | URL | IMI #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク