カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

倍力システムについて

先日クリーク関係の装備についてアップしたが、実際どう使うかってことが何より重要。
ということで、倍力システムについて。


例えばボートがピンニングしたり、ブローチングしたと仮定してのシステム。

DSC_067s4.jpg
2倍力。(左上の人工物がアンカー)
プーリー(滑車)をボートにかけることにより滑車部分が動滑車の役割を果たすため、右上方向にロープを引けば、2倍の力で引ける。
直感的に作りやすいが、ロープとアンカーまでの距離も倍必要なため、長くても25mしかないスローロープでは、あまり出番がないかも。2倍だし・・・
ちなみにボートを積む時に使用しているタイダウンも2倍力である。


DSC_0671.jpg
3倍力

DSC_0669.jpg


川用語ではZドラグと呼ばれているのかな?3倍力のシステム。
アンカー部分のカラビナ箇所でロープを折り返して、さらにプルージックにより接合した部分に滑車(カラビナ)をつける。
2倍力のようにロープ長をくわない上、1人で3人分の力が出せるのでレスキューシステムで多様されることが多い。
ちなみに2倍力でもそうなのだが、滑車を使用するのは摩擦ロスをなくすためであって、最悪カラビナだけでもいけないことはない。(すごーい摩擦がかかるのは引いてみれば分かります)


と、ここまでの話はあくまで基本の「き」。
川でなにが難しいかというと、とにかくアンカーが見つからないこと。山で使うように木があることは希であるし、当然電柱のような人工物もない。

基本的に使えるものは岩だけ!!!と考えた方がいい。
そこで、なんとか岩にアンカーを作らないといけないのだがこれが難しい。

山の救助だと。「石八」のような岩をぐるぐる巻きにするようなアンカー作成をしたりするが、最低限の装備しか持っていない川下りだとそうもいかない。

IMGP86781.jpg
石八

岩との摩擦による切断の危険は常にあるが、最悪スローロ―プで岩を一周しただけのアンカーを使うことも考えなければならない。

DSC_0280.jpg
長瀞のエディにある一辺2.5mほどの岩だが、これを一周するにしても当然10m程度のロープが必要。


最近、2.4mの細いダイニーマのスリングをライジャケに入れるようにしているが、これがあると、周囲4.8mまでの岩なら極短時間でアンカー構築が出来る。

DSC_0392.jpg
2.4mスリング


DSC_0387.jpg
2.4mスリングでのアンカー構築+3倍力システム。

仕事柄いつも思うのだが、「いつもレスキューのことを考えている奴」が現場で一番使える。
逆に一番使えないのは、ずいぶん前にやったことはありますっていう人。

川でも下見の際に、アンカーを探す癖をつけると、何かあったときにスムーズにいくはずだし応用がきくと思うので、最近はいつもそうしている。
ちょっとしたボートの上げ下ろしでも、面倒くさがらずシステムを組んだり、滑車を使ったりすると何気ない訓練となったりする。

DSC_0367_01.jpg


「ロープを投げること」一つとってもどう投げるかっていう基本が普段頭の片隅にないと、うまくいかなかったりする。
だから最近はクリーク開始前の一投は欠かさないようにしている。ちょっと意識が変わってきたかな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク