カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

沈脱

P1030195.jpg


「井田川KeenCup」には出られなかった私がいうのもなんだが、沈脱人数が間違いなく過去最高だったらしい。
学校や会社でも打たれ弱い現代っ子が増えているらしいが、フリースタイル界も間違いなくそうなってきているようだ。

フリースタイルを始めたばっかりの人はしょうがないとしても、何度も大会に出ている人、バーチカルの表彰台に近いような人も沈脱しているとか。当然井田川は通常のスポットより激しいし巻かれることもある。
だがハッキリ言って、ロールがキッチリ出来て、カートをメーク出来るようなカヤッカーが沈脱するような場所ではない。


沈脱がカッコ悪いとか、ギリギリまで頑張ってやろうとかいう気概はないのだろうか?



大会前に井田川の巻かれムービーを見て、恐怖にオノノイテいる人達がたくさんいたそうだが、恐怖は伝染する。
そしてもっとやれるはずなのに、自分も自分もと集団パニックのように沈脱祭りが始まる。

そんな中、下手でも集団パニックに左右されずに自分の芯を持ったカヤッカーも当然いたはずである。

自分の精神状態をコントロールするのはなかなか難しいが、色々方法はある。どういう方法が適しているかを探すのも自分を知るきっかけになり面白い。

ちなみに本当に厳しいホールというのは顔がほとんど出ない。仮に出たとしてもサイドサーフィンなどやった瞬間には上沈する。先日の「逆襲のハラキリ」もそれに近いが、沈脱というほどではない。
沈脱とは最終手段であり、簡単にするものではない。巻かれるよりさらにキツイ思いをするし、当然助けてくれる人もいる。自分もへこんでトラウマにもなりかねない最悪の悪循環にもなりうる。

blog_import_4d894f629eb30.jpg
最も最終の最終手段はワープだが、本気巻かれの時に「ワープ」という言葉を発する余裕がある人間は相当なもんである


ここで私なりの井田の攻略法を少し。

1 左岸を斜め上に向かってブラスティングしていけば簡単に出るのは周知の通り。後傾になってはいけないのは、他のスポットと同じ。井田で後傾になると、しっかり逆リーンをかけているにも関わらず上沈する。

そして最も皆がやられるのは、一度沈でロールしたり、ループを崩されたりした後ではないだろうか

今これを見ている方はリラックスして椅子にもたれかかって楽に座ってみましょう。
この状態からカヤックをやるような良い姿勢にもっていってみましょう。

背中を曲げて背筋から肩の力を使って戻しているんではないだろうか?それが一番楽だからである。


ただカヤックでこれをやると見事にそのあとにボートがロックする。上体に力が入り、全くカヤックが動かなくなる現象が起きる。
※こないだの「三人の刺客」ムービーのフェイク井田で、私がエアループ後に見事この悪い例をやっているので必見。

では腹筋(オヘソの下)に力をいれて起き上がってみましょう。かなりキツイはずである。
ただ、カヤックではこれを膝で引きつけるのでもう少し楽になる。

姿勢を崩された後だけでなく、どんな場所でも(井田のようなキツイ場所は特に!)、強烈に膝と腹筋を意識し続けることでかなり乗り方が巧くなる。※ボートが意志通り動く


この姿勢戻しは会社でデスクワークをしている時も簡単にできるので是非やってみましょう。
ラジオ体操のふりでロールの動きをしたり、歩きながらブラントをするよりもバレにくいので良い。
ちなみに会社で見つかって一番恥ずかしいのはマックの練習である。お尻を突き出す動きは流石に御法度である。
ちなみに私はワールド前にAirトリッキーウーを先輩に発見されて、顔を赤らめた経験がある。



話を戻すが、例えばカートホイールをやるにしても、ゆっくり上体の力を抜いてやることで、かなり巧くいく。
「ゆっくり軽く」がキーワードである。力VS力では鳥沢はねじ伏せられても井田は無理である。

普通のスポットではそこそこ巧いが、井田だとそうはいかない症候群が出るカヤッカーはボートに乗るのが巧くない。
※偉そうに言っているが自分がそうであったので良く分かる。

今回は見ていないのでよく分からないが、玉地は井田川でもしっかりボートに乗れるはずだが、ヨシコはそうではないのではないだろうか?実力は今のところヨシコだと思うが、下半身でボートを押さえられている点において玉地に相当分があると思う。
※ヨシコはチームメイトなので、敢えて引きあいに出してます。ゴメンネ、君はもっと巧くなる!


自分がどれだけボートに乗るのが巧くなったのかを、確認する上でも一年に一度「井田川Keen Cup」に出ることはとても意義深い。挑戦しなければ、向上は望めない。

出ていない私がいうのもなんですが・・・来年は休みとるぞーーー!おー
スポンサーサイト
コメント
軟弱ものの一人です~~
耳の(>_<)痛い話ですわ~~でもおっしゃる通り。
今回は私も沈脱の一人でおます~~。
何年かぶりの脱!!乗る前からホールに飲まれて滝がします。精進あるのみですね。
ちなみに今日は体がバキバキです!
2011/11/07(月) 23:20 | URL | いけぽん #.0wbdAGc[ 編集]
No title
誤解している人ホントに多いよねー。
井田はキツい場所ではありません。
あの楽しいスポットを命がけな現場みたいに言われるのは心外です。
2011/11/07(月) 23:25 | URL | トオル #-[ 編集]
2本泳ぎましたが、、、
 膝のベルトが1本目でちぎれたせいです。
そうじゃなければ、あんな事やこんな事がいっぱい出来たはずですが、、、。
去年は怖くて、何も出来ませんでしたが
今年はリラックスして楽しめました。
何も出来なかったのは同じですが、、。
2011/11/08(火) 00:37 | URL | 出雲の松井 #Zr2/WiYY[ 編集]
セルフレスキュー ファースト
今回スラロームの練習会に参加し思ったこと。満足にセルフレスキューができないロデオ選手が多いなあと。
自分がカヌーを教わったときには、ロールより先にセルフレスキューの基礎を叩き込まれました。
沈脱したらすぐにボートを起こす、コクピットにパドルを差す、ボートのコーミングは絶対に掴まずバウかスターンに捕まる、できるだけ早めにエディにボートを投げ入れる、本流を流れるのが一番安全、フローティングポジションの重要さ等々。
フリースタイルという競技の特性上ロールが重要なのはわかるのですが、どんなときも怪我や事故のリスクはゼロではありません。僕はかつて、トップスラローマーが通常水位での練習中に両肩を脱臼し、いとも簡単に沈脱したのを目撃しています。
まずはセルフレスキューの技術を身につけることが、種目を問わずカヌー競技に参加する上での第一条件だと思うのです。
2011/11/08(火) 23:23 | URL | T.T. #-[ 編集]
No title
私もガキンチョスラローマーの頃は、セルフレスキュー当然でした。
艇の違いからセルフの要領も多少違いますが、気構えは同じ!
ただのんびり流されるだけじゃ、申し訳ないのね。
シチュエーションにも依りますが。
2011/11/09(水) 08:06 | URL | Saci Perere #.rEgMis2[ 編集]
No title
>いけぽん
今日聞きましたが、棄権したとか?いつからそんな腑抜けになったがぜよ?それだけはいかんき。

>トオルさん
「命がけの現場」まさに的を得た言葉です。自分で自分の首を絞めている節があるような。

>T.Tさん
そうですか。たしかに普段沈脱をしないと、咄嗟に体が動かないんですよね。皆最初に習ってはいると思うんですが、何年もやらないとこれが出来ないんですよね。
自分も数年前、そういうことがあったので、年に数回ホワイトウォーターを泳ぐことにしています。沈脱もしようと思い、乗るか反るかのホールに入ったりしますが、これがなかなか沈脱させてもらえません。笑

>出雲の松井さん
あんなことやこんなこと・・・来年楽しみにしています!

>Saci Perereさん
普段から有事にどう動こうか考えておくことも、大事ですよね。イメトレ!
2011/11/09(水) 23:28 | URL | komo #-[ 編集]
No title
棄権はしてないよ~~!
2本目は間に合わんかったから3本目は入りました。
でも、腰抜けになりそうになったんは事実(笑)
まぢ苦しかったんすわ~(苦笑)
2011/11/11(金) 20:52 | URL | いけぽん #-[ 編集]
No title
>ウィケポン
これは失礼つかまつったでござる。
噂というもんは、尾ひれが付いて怖いもんじゃのう。
2011/11/11(金) 20:57 | URL | Komo #-[ 編集]
No title
いやいや、でもある意味半分当たってますわぁ~。
正直、下まで流された後苦しくて棄権を考えたのは確か(苦笑) 棄権言われてもしゃ~ないです(^_^;)
いい経験になったと思ってまた頑張ります~~
おおきに!
2011/11/12(土) 18:20 | URL | よわぽん #-[ 編集]
世界中で泳いでいますが、、
ちなみに、私のセルフレスキューは日本一、とあちこちで評判です。
2011/11/14(月) 20:59 | URL | 出雲の松井 #-[ 編集]
No title
>出雲の松井さん
今度ガン見します!
2011/11/15(火) 22:44 | URL | komo #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク