カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

05番

2週間近く続いていた正体不明の微熱も治ったようで(肝炎?の情報もあったので良かった!)、連休を利用して遠征圏内唯一のまともスポット?05番へ。

05は昨年くらいからスポットに周期が発生するようになり、以前ほどの長乗りが難しくなっている。
去年はコテンパンにやられたが、「スポットとの対話」? がメインテーマの今年はやる気がちょっと違う。

まず「だっぱん、だっぱん」をよく観察。だいたい同じ様な周期でだっぱんだっぱん。
トップを取る直前にだっぱんが来るように前読みしてスピン。
ボートが走りだす直前に「だっぱん」が来れば、あとは・・・・ですね。

DSC00153.jpg
写真はダイトウェーブ(今渡1.09)。
中濃大橋下流1キロくらいにある。バックウォッシュはゼロで落差のみでプレイするスポット。出来るムーブは少ないし、スピンも摩擦係数限りなくゼロが要求されるが、慣れると結構長乗り出来る。落差とツルツル感がいい。実はクリーンブラントとフラッシュバックが練習出来る数少ないスポット。




今回の一番のお題はウェーブマックナスティ
ある程度やりこんだ人なら分かると思うのだが、ホール(ウェーブホール)の場合は、スピン系・ブラスティング系どちらも水の力を貰ってループのように飛び上がる方法がベスト。

この場合はどういう風にエッジ(バウ)を水中にいれるかが重要だった。
カートのようにただバウを入れるのではなく、あくまで「沈めて、流れのベクトルを受け止めるイメージ」が自分の中では重要だった。
※カート系のイメージだと、ベクトルの受け止めが出来ず、コテンと倒れてしまい無理やりな感じがどうしても出る。

ただ、この方法だと海やタンのようなエッジを入れにくい(跳ね返される)ウェーブだとどうしてもうまくいかなかった。(タンのリップ際ではホール系が出来るんだけど)

ウェーブマックナスティの元祖と言えば、やはり「ダイナスティ」のアンソニーヤップでしょう!
どう考えても、めちゃ硬そうなビッグウェーブで、当時見たこともないムーブをいとも簡単に繰り出す彼に魅了された人は多いと思います。
それに憧れて、考え続けること3年(笑)

アンソニーのウェーブマックナスティ観察して分かったこと。

1ボートが跳ね上がってから、体でリードしている(オーリーを使って跳ね上げている訳ではない)
2手は全く使っていない
3スターンの角度は出てそうで、実は出ていない。(最高でも40度いかないくらい)



1を受けて、最初は自分も飛び込み系のマックナスティをやっていた。頭(体)を先に動かしてボートに付いてこさせるタイプ。これでもしょぼいのなら出来るのだが、なんか無理がある。
※今になって偉そうに言うと、フリースタイルカヤックにおいて、「ボートよりも先に体が動く」というのはあまりうまくない
を受けて、手を使っていないとすると、ボートのあそこを膝でグリンとやるしかないのかな。
を受けて、やっぱりホールのような「ベクトルの受け止め」はほぼナシってこと?。

ということでイメージしてきたウェーブマックナスティ。結構使えることが発覚!
05でも残せます!まだ完全に理解したわけではないけど、ちょっと分かったかも。
全く出来なかったことが、自分で考えて出来るようになるとまじ嬉しい。
3年もかかるとなおさらですね(笑)この瞬間のためにカヤックやってるっていってもいい。
タンでも試したいなーー。

harakiri.jpg
桂川情報です!

こないだ問い合わせたところ、上流部の放流が11/22・23(土・日)。
12/15~25(月~木)にあるそうです。下流は予定なし。
「隊長、今年もサムライで流されてその後、ハラキリですか??」※予定は直前で変更の可能性もあるようです。分かればまたアップします。
スポンサーサイト
コメント
マックと桂川
05マックどんな感じだった?
安藤さんが左スピンからの左振り返りで残したよ。
俺はバックサーフからオーリー2発目でバウエッジをフェースに
押し込んで、その抜けるタイミングと右ブレードを使ってボートを
押し上げつつ、ループの体勢へ・・
でやったら、何度か軽く返せたけど、残らなかったよ。
因みにジャクソンカヤックHP「テクニック」のWAVEMACNASTYでステファンライト写真付きで解説してるの読んでみたら(英語だからざっとね)ブレードは使ってるみたいね。
こんどいろいろ教えてね!

桂川下りたいね?行く日が土日どっちかだったら教えて。
家事休みとるんで(笑)
因みに前回はいろいろあったからボートで全コースくだってません(泣)
だって飯島さんが・・
2008/11/13(木) 12:43 | URL | ziozpapa #l1HEP1fU[ 編集]
>ziozpapaさん
安藤さんのは僕も試したんですが、なぜああなるのか理解不能です。(笑)
05七不思議です。スケボーのホール部分でも全く同じ方法でやってた気がします。

僕のやり方はほぼZizouっちと同じだと思うんですが、一番意識しているのは下半身オンリー(腹から下)の力で「腰の横からバウ先端までのエッジを切り下げる」イメージです。巧くいかなかった時は、上半身やパドルに力が入っている時でした。
エッジの切り下げはオーリーとリンクさせてやりますが、スターンを持ち上げるのは手でもバウンスでもなく、あくまでエッジの切り下げです。
ビデオで見ると、無意識にパドルで補助したり、持ち上げたりしているように見えますが、全く意識していないので、あくまで2次的なことではないかと思います。
誰かが「マックはオービットの逆」とか言っていた気がしますが、ホールマックとウェーブマックで共通しているのは、エッジの切り下げじゃないかな?と。(※オービットはエッジの切り上げ。)
自分の中では、ホールでは「エッジを沈めて流れのベクトルを貰い、上に飛ぶパワーに変換。」
ウェーブは「沈められないので、スピードとバウンスを生かしてエッジでフェースを切り裂き、同時に体でリード」でしょうか。

11月は23日が非番なんですよね。13時くらいからしか行けませんが、それでよければ!
2008/11/13(木) 21:42 | URL | komo #-[ 編集]
補足
あっ、自分も05では、オーリー2発目でやっている気がしますが、1発目はカウンターエッジで逆にリーンしています。こうすると2発目のエッジが明確に入ります。
2008/11/13(木) 21:46 | URL | komo #-[ 編集]
マックと桂川ーその2-
マックは自分も最初に逆エッジ入ってるときがあったなぁ・・
何かを動かす時には最初に逆を入れるのはどの運動でも
良くあるよね(ジャンプの前にかがむとか)
でもこの場合は体内での作用反作用の話かな?
コモ論での逆エッジの目的はボート主体での話?
それともボートを返すために必要な体の動きの前の準備動作かな?
あっ、ムービーとかみんな見たいんじゃない?

桂川は家庭内稟議だしてみます。

んでは、明日からグアムに行ってきまーす。
2008/11/14(金) 12:33 | URL | ziozpapa #l1HEP1fU[ 編集]
>zizopapaさん
難しいこと言いますね・・
今回のマックは下半身オンリーを使うということで、どうしても反動なしに出来なかったです。体内ってことになりますかね。エアスクリューの場合と似た原理なのかな?

通常、ブラントとかで使う場合はその時にもよりますが、ボートの動き6:体4くらいになる気がします。どっちにとっても重要ってことですね。

これの有効性を知ってしまうと、バカらしくて直線的なブラントとか出来なくなります。
今考えると、カウンターは加古君がスゴい巧かったですよね。
こないだ、ラッドのクマさんのブラントもエッジ使いが素晴らしかったです。
エッジはまじ奥が深いです!
2008/11/14(金) 17:23 | URL | komo #-[ 編集]
P.S
バナナボート僕も乗りたい・・
2008/11/14(金) 19:28 | URL | komo #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク