fc2ブログ

カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

一般論

一昨日、50tの小滝ウェーブで遊んでいた時のこと。
上から4mはあろうかというアルフェックの「ボイジャー」というファルトボートに乗って下ってきた人がいた。

50代くらいに見えるその男性は、ライジャケに麦わら帽子という出で立ちで、荒川最大の難関であると思われる小滝を下見している。

多分数年前の私なら、厚顔無恥にも、「向こうのバイパスを通ったほうがいいですよ。」とありがた迷惑のアドバイスをしたはずである。

恥ずかしい話だが、ヘルメットなし&ファルトボートという外観のみで、考えなしにそれがベストだと決め付けてかかったに違いない。
※さらに「ヘルメットを被って下さい」などという、どうしようもないセリフを吐いた可能性もある。


ハッキリ言って大きなお世話である。
皆自分の考えを持って、それぞれの挑戦を自分の責任でやっている。

友達やその力量を良く知っているパドラーなら、アドバイスをありがたく受けるし、こちらからそうすることもあるかもしれない。
しかし、私はそのおじさんのことを何一つ知らない。もしかしたら、荒川を年間100本下っている達人かもしれない。
自然と自分と向き合って、真剣に下見をしている時、よく知らないこわっぱにそんなことを言われた日には、せっかくの川下りが台無しである。


「じゃあ何かあったらどうすんの?」

というお決まりの意見が出てきそうだが、その時は全力で助け合えばいいんじゃないか?
「周りに迷惑がかかる」
というなら、そういう人は「絶対周りに迷惑をかけることはない」、と言い切れるのだろうか?

誰も一人では生きていけない。規制するよりも、何かあったら一目散に駆けつけてお互いが支えあう。
そういう姿勢こそがあるべき姿ではないか?

もし失敗したら、そこで痛い思いをして、時には地に頭をこすりつけて謝って、そして学ぶんじゃないのか?人生だって、人間の歴史にしても、その繰り返しでより良くなっていくんじゃないか?


最も悲しいのは、「危ない」、「常識的にみておかしい」、「前例がない」、という考えなしの一般論の下、挑戦すらさせてもらえない社会になってしまうことである。
こうなったらカヤックがどうこう言う前に、人類の進歩もクソもない。



話は変わるが、野田知佑氏のスタイルを真似て、ヘルメットをしないツーリングカヤッカーが多くて困っている。
とパドラーが言っているのを聞いたことがある。

ヘルメットを被らないとカヤックをしてはいけないのだろうか?
自分が怪我をしたくないから着用するというなら理にかなうが、それは半強制的に人に押し付けることなのだろうか?
やるならやるで万全の準備をすることが大切だから?


そういうことを言う人は、フルフェースのメットを被って、競艇選手が使うような(気絶しても呼吸が確保される)本物のライジャケを着用して、常にハイボリュームのダウンリバー艇を使うべきである。
そして、御岳のような部分的に浅い川を決して下ってはいけない。なぜって?沈したら体や頭を打つ可能性があるからである。


そもそもカヤック自体が一般の人から見ればとても危険である。急流や峡谷はもちろんのこと、滝落ちなど聞いただけでも気絶ものである。フリースタイルのマックなんちゃらに至っては、岩に向かって飛び込んでいくのだという。
そんな(危ないと思われている)ことをしている者同士でここまでならいい、ここからはダメ、などと決めつけること自体がナンセンス極まりない。

四国小歩危において、超一流のカヤック・ラフティングガイドが畳に乗って「小歩危」を下ったという。
もしもカヤック仲間のA君が勢いにまかせて、桂川上流でそれをやったら「バカもの!」と怒るかもしれない。

しかし、かつて「ケンドーKEN」とまで呼ばれた超一流のカヤッカーであるその人は、小歩危だけでも何百本下ったか数えきれないだろう。
小歩危の流れはもとより、普通の人が見逃してしまうような、とるに足らない岩ですら全て記憶しているのかもしれない。当然、「俺は出来る」という自信と責任を持ってやっていることであろう。
何も知らない者(知ろうともしない者)が「危ない」と注意喚起して出てくる言葉はあまりにも陳腐である。



大切なのは、周りに流されず確固とした意思と責任を持ってやっているか?である。
もちろん、カヤックをやっている以上、最悪の事態=死についても。
※絶対に死んではいけない=考えない、ことではないはずである。

ちなみに私はそういう考えのもと、薄いメットと大して浮力のないライジャケ、そして見る人が見たら、一寸法師のおわんのように見えるかもしれないボートに乗って、日々川を下っている。
スポンサーサイト



匿名

2chに代表されるようなネット上の誹謗中傷はなかなかどうして面白い。


お互い顔も素性も分からない者同士が「我にこそ正義あり!」と弁舌を振るい、時には人間として最低限のマナーを無視して人をこき下ろす。

いくら御立派な意見を言っても、匿名という名の隠れ蓑を身にまとっている以上、その土俵にすら上がれていないというのに…。

かつて、殺し合いという極限の螺旋ですら、「やあやあ我こそは!」と言ってのけた古き文化はどこへいった?


そして実社会においては、まず第一に言うべきは当の本人ではなく、親に、教師に、上司に、ときたもんだ!
「世間一般では・・・」、「客観的にみて・・・」、というのがお得意のフレーズ。
上っ面だけを直感で判断して、本質を考えようともしていないことが殆ど。

そして最後に「名前は伏せて下さい」という。笑


なかなか世知辛い世の中です。

でもこういう社会で生きている。
いや、社会がこういう人達を生み出したか?

そもそも自分はそうなってはいないのか?
肝に命じよう。
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク