カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

カートの鬼への道

「カートホイール」

以前も書いたように、スポットでプレイする上で基本となる乗り方やリカバリー、そして長乗りなどを覚える上で最も可能性のあるムーブ。
近年のエアリアルムーブの影に隠れてはいるが、連続でカートを繰り出すのは非常に難しく奥が深くそしてカッコいい。




ムービー以外の細かい注意点を紹介

1 バウとスターンを同じ位置にいれる。

当たり前だが超重要。また、後述の「上流から目線を離さない」ことはスターンを振り下ろす位置を確認する意味で一役買うことになる。

2 上体を上下に動かさない。

流水でのカートホイールは水の力を利用してバウを沈めるのが大前提。
この時、流れが読み切れていないパドラーは、静水でやるように上体を前傾させてバウを沈めようとする傾向がある。

こうしてしまうと、コマの中心軸がぶれて回っているような状態になるので、2回転目には体が遅れて態勢が崩れることがほとんど。
上体はロックして、流れにボートを綺麗にあてて下半身だけを動かすイメージで行うといい。

この時、流れが弱くて OR 体重がなくて バウが沈められないという場合は、上体を下ではなく上(姿勢を高くするようなイメージ)で左カートなら右肩を前に出して胸を張るような形をとると、(よっぽどのオーバーボリュームのボートでない限り)上手くいくはずである。
(体重を余すことなくバウ直下に乗せることが出来る)

ちなみに、静水では右カートが得意なのに、流水では左カートのほうが得意なパドラーが多いのは、静水右カートで上体を前に倒すくせがついてしまっているからだと思う。

3 上流を見続ける

スピンでも重要な基本事項。前述のスターンの位置を確認することと、振り返った瞬間(体重がバウからスターンへ移動する瞬間)にスターンが丁度入ることに意味がある。

普段観察していると、大抵の人は目線を離すタイミングが早すぎる。

振り返るタイミングとスターンが入るタイミングが一致しないので滑らかに回転しない。また、上流目線はボートに加圧し続ける効果もあるため、振り返りタイミングが早いと(振り返ってからとスターンが入るまでのタイムラグの間、ボートが無加圧の状態になるため)ポップアップしながらのカートになってしまう。
コツとしては「スターンが見え始めるくらいまで待ってみる」である。

※余談だが、上流目線はあくまで基本。マスタークラスになると、敢えてそうしないことでさらに早く滑らかなカートが出来るようになるらしい。私はできませんが。
DSC_0848.jpg



4 スライスさせる

カートを練習し始めてから少し経って、「PlayDAZE」のケン・ホワイティングを見た時、「パドルが水の中に入っていく???カッコいい!」という衝撃を受けたことを覚えている。

そう、これこそスライス。パドル面を90度回転させることにより、無抵抗となったパドルを水中に沈めるテク。

こうすることにより、パドルを暴れん坊のように振り回さずに腰付近で操作出来るため、効率がよくカート回転軸のブレも出にくい。なによりスタイリッシュなカートホイールとなる。

①バウを入れる前②スターンを入れる前
のそれぞれにスライスをするタイミングがあるが、まず簡単な①から覚えよう。①をマスターしたら②にも挑戦する。

ちなみにスライステクはカートだけでなく、ダウンリバーでもかなり使えるテクニック。
ダウンリバーなどでは、上手いパドラーほど闇雲に鬼漕ぎするのではなく、パドルをスライスしながらバウラダーを切ったり、狙った位置でいつでもフォワードしたり出来る準備をしている。

マスターになればなるほど、パドル数は少ないが肝心な一発は外さないのが定石。
漕いではいないのだが、パドルは水の中に必ずといっていいほど入っているはずである。

一方、競争している訳じゃないのに、左右左右と漕ぎ続けるパドラーはダウンリバー慣れしていないか、あまり頭を使っていないかのどちらか。
自分は長い間、鬼漕ぎタイプでしたけどね・・・

P1000370.jpg
うちの隊で最も屈強な体を持つK隊員が本気でフリースタイルを始めるらしい。
カヤック2日目で御岳全行程制覇(山田大橋クリニックが1日目)。3日目でロールを覚え(要するにロール練初日)、5日目くらいでバックデッキロールが出来るようになったとかならないとか。

最近は朝7時から白丸ダムで練習しているらしい。寒山寺付近で黙々と頑張る怪しい赤のT2を見たら彼なので、気軽に声を掛けて下さい。昨日は3年以内にトップまで駆け上がるくらいのことを言っていた気がする(笑)

スポンサーサイト

オーシャンフリースタイル & 「How to Cartwheel」




10月15日(日)千葉県九十九里浜・中里海岸にて第12回オーシャンフリースタイル全日本選手権が開催されました。
DSC_0849.jpg

DSC_0852.jpg


自分は5年ぶりに休みが重なったので、念願の出場!

波の状況はいまいちだったが、清水さんの努力もあり年々成長してきているサーフカヤック部門の凄さも垣間見ることが出来て良かった。
やっぱり海は自分との戦いですねー。とてもいい大会だった。清水さん始めスタッフの皆さん大変お疲れさまでした。

DSC_0867.jpg
本部横で終始笑顔の仁王立ち、清水氏。

DSC_0871.jpg
一日中、喋り続けたY氏。最近ようやく首が回り出したとか。


DSC_0880.jpg
シットオン部門優勝の「出禁」こと杉ちゃん。

DSC_0894.jpg

結果はこちら

クロスゾーンのサトルさんがオーシャンの面白ムービーを上げてくれました。


杉ちゃん実はこんなキャラなのか????

ちなみに水深10センチの波打ち際でドンキーが決まったのは、(サトルさん曰く)「パワーバランス」のお陰らしい。
(当日にディスカウント3000円で押し売られた魔法のネックレスで、全ての運動能力アップにつながるとか?つながらないとか?)

これからは肌身離せません・・・

トリックスターやっぱり

御岳でのワイルド・スラの大会が終わり、水量も急下降。
渇水といえばこのスポット、
おにい・・いや「トリックスター」にあの人と。

P1000380.jpg

今日は調布橋(-2.47)とこないだより若干多め。
ホールは少し残りにくいものの、左カートが出来るようになっていた。
相変わらず、左右マック・右フォニックスが出来る貴重なホール。

-2,46くらいが色々出来る上限かな?
それにしてもかなりいじりがいがある地形にマテリアル。
左岸を詰めて、下流水位を上げてさらにあそこを・・・。
韮崎からあの人を特命出向か?

全く関係ないが、FT2(防水デジカメ)のムービー性能が凄い。こないだのおにいやんムービーはFT2(AVCHD)をMP2に変換してYouTubeに上げたもの。
水中に付けていたので、結露して曇っている部分もあるが、曇っていない最初の分はYouTube使用だと、ムービーカメラと比べてほとんど遜色がない。
※ちなみに結露で曇るのは自然現象なので、どうしようもない。一説では解消できればノーベル賞らしい。


そしてヤラレおにいやんはホール系のブラント→マックナスティまで。
かなりいいヒントをもらった。

おにいやんとはかなり波長が合うようで、ちょっとした一言などが、大きな手掛かりになったりする。
スポットでフリースタイルをやる時、仲間と「ああでもないこうでもない」と、お互いの考えを語りあうのはとっても重要なことで、いいライバルがいればいるほど自分が成長出来る。

この時、考えの目線が似た人がいるともっとラッキー。
自分の場合、特に手探りのムーブの場合、八木さん、和也、コウヨウの言うことは結構ピンとこないことが多い。
特に昔のコウヨウの天才ぶりは酷いもので、始めて会ったニュージーランド・ボトムホールで、クリーンカートのやり方を聞いた時、「なんにもしないだけだよ」と言われた衝撃は、今なお大きなトラウマとして鮮烈に記憶に刻まれている。(笑)

P1000375.jpg
コソ練バンザイ


また、話すことと同じくらい、「見ること」も重要である。それもボーッと見て「イエーイ」、ではなく頭を使って見る。

例えば、ちゃんと見ていれば、早岐やサクラやタンにおいて、右走りエアスクリューのボートを走らせる位置について「アレッ?」と気づくことがあるかもしれないが、ボッーと見ていると何も気づかないかも・・・

全体を見ていると気づきにくいことも、分類して見ると気付きやすかったりする。
ムーブしている位置、目線、パドルの動き、そしてムーブする前の先行動作などなど、それぞれにフォーカスしてみる。

つい先日、石橋ケン氏がスピンホールで、右手フォニックスをやっているのを見て、3年間やってやっと気付いたこともある。「まさか、それだったか・・・・」みたいな。
自分も気づくのが遅いなー。
以前も書いたが、
「巧い人ほどたくさんのことに気付いている」のである。By服部洋一郎

トリックスター

「おにいやんBoy」というネーミングはあまりにも恥ずかしくて発語すら出来ないという多数の苦情を受けて、普通にかっこいいネーミングに納まったようです。

その名も「トリックスター」
なにげに色んなトリックが練習できる。そして頑張れば君もトリックスター、というような意味だそうな。


可憐な女性パドラー達が「今日はおにいやんBoyでしょ」、と会話するのを楽しみにしていたのは私だけではないはず。
まあ、恥ずかしいネーミングにこだわったあの人が全て悪いんですがね・・・
ムービーの題名は直せねーからな・・・

「おにいやんBoy あらため トリックスター」 & 桂川

つい先日、Class5のヤラレンジャーこと柳本ちゃんが歴史的発見をする。

多摩川の渇水期に熱いホールを発見してしまったのだ。
その名も「おにいやんBoy」
P1000361.jpg

場所は御岳から車で下流へ走らせること約10分の位置、釜の淵公園の鮎美橋の下流約200mに位置する。
(グラビティの後藤さんが発見した増水時の「鮎美ホール」の上流50mくらいの場所)。
※駐車場は簡保の宿の先にあるものが一番アクセスが良いと思われる。
P1000357.jpg


ホール幅は1.5mくらいと小さいが、中央から半分はかなり深く、ループをブッさしても全く当たらない。
右岸40センチくらいは結構浅いが、左振り返りマックで相当な飛び込み系をやらない限り、頭ヒットはなさそう。
カートは、左は難しいが右がグルグル。右カート練習がほとんど出来ない多摩川水系ではかなり貴重。

フレンドリーとは言えないが、少し暴れ気味のホールで、体幹によりボートをキープするテクが要求されるのでホール練習にはもってこい。ループがぶっ飛ぶわけではないが、自分的にはミソギベストよりも好きかも?

本日の水量は調布橋(-2.51)。冬はもう少し減ると思われるが、いくらでも集められそうな地形とマテリアル?があるので、厳冬期も大丈夫なのかと。
早めに職人に来ていじってもらうか(笑)

カメラが結露で曇っていて見にくいですが・・・おにいやんムービー

P1000363.jpg



そしてさらに朗報。桂川が4か月近く出るらしい!

なんとなんと、
上流の放水日が 10/18~12/20
下流が       12/20~2/?まで

今年の冬は相当熱いことになる。桂上流をガンガン下って、皆ダウンリバー巧くなっちゃいましょう!

ちなみに、自分の桂川予報は2回連続くらいで外しているので、特に放水始まり時期については、出ている確認がキッチリ取れてから遠征されることをおススメします。責任は全く持てません。
ダム関係者によると、ほぼ決まりだが、変更もあり得るとのことでした。

東北爆遊ツアー MOVIE

こないだの「東北爆遊ツアー」のムービー。




今日は24トンの「スピンホール」。今日は取材に来たタイガー石原氏やマツさんなど珍しい顔が!
P1000327.jpg


スピンホールはほぼ限界水量だが、それなりに色々出来た。マツさんカート巧い、石橋ケンすげえ・・。

ここ3か月かなりホールマックに本腰を入れてきたがいまいち掴めないまま悶々とした日々が過ぎていた。
ところが、本日最後の最後ににようやく光が見える。いやー、そういうことでしたか・・・。
エアスクリューより時間かかったねー。


随分多かった多摩川の水もいよいよ減り始めたので、さあこれからどうしましょうか?
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク