カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

TRG 09

DSC00265.jpg

7月26日(日)、絶好の晴天の下「タマガワリバーゲーム2009」が行われた。
参加者は過去最高の50人超
関東以外からも参加者が多数あり、4年目にしてようやく軌道に乗ってきたのかな?とウレシイ限り!
DSC00273.jpg


ミソギ1段目は渇水のため、過去最悪?のコンディションであったが、参加者のレベルが年々確実に上がってきており、「すごい!」というシーンが何度もあった。
参加者の方々の顔は4年前からほぼ覚えているが、個人のレベルアップが毎年感じられるのも何気にウレシかったり。

もともと、少しでもフリースタイル界を活性化したくて始めたイベント。
正直言って、マイナースポーツの中でもさらにマイナーなフリースタイルカヤック。

皆の力でもっともっと盛り上げていきましょう!あなたの力が必要です。
ということで、来年もよろしくお願いしまーす。

DSC00274.jpg




スポンサーサイト

2010スター(ムービー)

P1050443.jpg

「2010スター」 MOVIE

かつてNEWボートを買えば、カヤックが巧くなるという時代があった。(らしい)

「あの人はイナゾーンだからしょうがないよ」
「これからはプロゾーンじゃないとついていけないよ」
「サブセブンなら誰でも静水カートできちゃうらしい」


みたいな。
最近はそんな声は少なくなってきたような気がするが、「2010スター」はそれに近いんじゃないかと思う。
出来なかったor難しかったムーブが不思議と出来るようになる。っていう表現が一番近い気がする。
ホールでは乗っていないが、エアループを始め、トリッキーウー・フォニックスモンキーなどのスクリューも段違いらしい。(カズヤ談) 

再び「技術はお金で買う時代」到来なのか?(笑)


IMG_6807.jpg

スポットは「CSウェーブ2段目」 。犀川・陸郷(1.0~1.5)までライド可を確認している。
最高水量はムービーの1.40前後。(川底が変わる可能性もあるのであくまで現時点)
1.0に近づくにつれ小さくなる。ただ、川底に当たることはまずない。

かなり良いウェーブだが、問題はエディとコンクリ。
エディはロープがないとツライ。ロープの張り方はコツがいるので直接聞いて下さい。
また、2面護岸のコンクリの面が粗いので、コンクリとエッジがぶつかりボートに傷がつきます。自分はエッジ片側に薄いチューブを張るか、ガムテープを使用している。

ロープエントリーが出来るなら、1.4前後は遠征しても来る価値オオアリですよ!

2010スター

P1050469.jpg

はっきりいってびびっていた。
あと1ヵ月チョイでワールドなのに、今NEWボートですか?みたいな。

しかもスペックやムービーを見る限り、ホール仕様っぽい・・・
間違いなく、今のスターより走る訳がない。
スイスのウェーブのことを考えると、もしクラシックくらいしか走らなかったら・・・・


そんな不安を引き連れてイチゴちゃんがやってきた。
P1050441.jpg


昨日初乗り、今日は2回目。巨大ではないが、ほぼ完璧なウェーブで乗った。
(ホールでは乗っていない)


申し訳ないがこれはいい!


「走り」
自分が乗ったことのあるボートで単純に走る距離を比較すると、
クラシックスター>ポけロケ・アストロ>キングピン>2010スター>プロジェクト・今までのスター>エアー

というような感じになると思う。要するに キングピン+α

走りの伸びは今までのスターに劣るものの、走り出しのダッシュ力が素晴らしい。ゼログラやプロジェクト52(45にはない)と同じような瞬発力を持っている。
またキングピンに代表されるようなビビッド感は全くなく、ウェーブ上での安定性とツルツル感は間違いなくテッペンとってます。ダッシュ力とあいまって、サーフィンがメチャ気持ちいい。

P1050448.jpg


「バウンス」

フロント   1.5割増し
バック    3割増し


「ムーブの速さ」
 
5割増
例えばエアスクリューの回転やへリックス、クリーンブラントのやりやすさなど。
とくにクリーンブラントのやりやすさヤバい・・・

ということでかなりデカイ武器を手に入れた。
完全な杞憂でした。やるなーEJ
近いうちにムービーアップしまっす。
P1050446.jpg

昇天

P1050405.jpg
オッチャンまたそれやってんの?



5日前、マックをやった際、親指にかなり重度の突き指を負った。
パドルを握れば激痛、鉛筆を握れば痛い、プチトマトのヘタをとれば痛い。

これはタダ事ではないということで、以前から話だけは聞いていた加藤先生(整体)のところへ。

安藤太郎が脱臼を治してもらったことがあるらしいが、大のオトナが涙を流すほど痛いらしい。
腹をくくって世田谷へ遠征。

腰をゴキゴキ、首をゴキゴキ。ビックリするほどの音がでるが我慢できる痛さ。
全身を整体後、最後に問題の箇所へ。

痛い。何すんの・・・ アタタタ、ヤメ、やめて下さい。ウギャーーーー、ヒいーーー。
お願いします、倍額払うからやめて下さい。

やめてくれない。全身から冷汗が吹き出る。この痛みはここ20年たぶんない。
話に聞いていたよりとんでもない。

昇天してフィニッシュ。まるで拷問のようだったが、指が結構動くようになった。
恐るべし東洋医学の神秘。

絶句

会社の研究発表についてのお題を決めた。

「NBC災害対応への充実強化」みたいなお題を平成生まれ含む若手隊員3名が希望。




「たぶん、すげーむつかしいよ・・・それ。」

「いや、やりたいっす。」

「まさかとは思うけど、NBC災害のアルファベット何の略か知ってるよね・・?」

Nはネイチャー(自然)っすか、Bはバクテリア(微生物の一種)でしょ、Cはケミストリー(歌手)だったような!」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オマイラ最高・・・」


※ちなみにNはNuclear(核物質)、BはBiological(生物剤)、CはChemical(化学剤)


うちの組織の名誉のために言っておくと、彼らは本来の意味は分かっているようで。ただ極端に横文字に弱いらしいです。

DSC00257.jpg

水曜の夕方、御岳にてキッチン○○の岩積み激励後、大雨に見舞われているあそこを確認。
さらに最近ラーメンウェーブに乗ったらしいエイジーさんに連絡。下洞戸ー50で乗れるらしい。
色んな噂があるが、結構良かったらしい。その時で-25。間違いないでしょう。


1ヶ月半後のワールドを考えるといくしかないのか?
基本的に直前ならないとやらないので、直前は徹底的にやる。
追い込まれている自分がなにげに楽しかったり・・・

21:00出発。
2:00に到着。

8:00起床。雨降ってる。
水量は-27。ガーン。新美並は1.40
「やっちまったのかー」ダメと分かりつつとりあえずラーメンへ。

何もない・・・・。
ワラにもすがる思いでESPに電話。
「責任とって下さい」 
「えっ、来ちゃったんですか?」

DSC00256.jpg
堰堤を監視していた地元好青年

どうもこの水量だと「サイコー」もしくは「鬼」がいいらしい。
夜勤を控えているヨシコっちと合流し、スポットへ。

鬼(ウェーブバージョン)いい。 (新美並1.25~1.30)ラーメンや魚道みたいにぶっ飛ぶわけではないが、軽くエアーに出来るし、左右偏りなし。
ツルツル系ウェーブでバックウォッシュが薄いように見えたが、なぜだか結構残る。
「コタキ」もなかなか良いが、こちらが全然上。めったに出ないらしいけど。

DSC00258.jpg
手前がサイコー、奥が鬼(ウェーブバージョン)


まさに怪我の功名。かなり楽しかった!
ESPありがとう。
14:00出発。19:30に青梅でタマガワリバーゲームの打ち合わせ。
かなり追い込まれてます。
これからしばらくは金に糸目つけずに・・・

ブラント vol2

DSC00247.jpg

DSC00253.jpg
「CSウェーブ・直下ウェーブ」 結構いい。サクラウェーブよりワンランク上。エディを我慢すればだけど。
この水量だとCSはフロントサーフィンオンリー 90くらいがいいのか?
(陸郷1.04)



続き


同じような理由で、例えば左走りのブラントなら、 「走りながら左パドルを漕いでブラント。」というパターンがほとんどだと思う。
実はこの左パドルがかなりの曲者で、このパドルに力を込めてボートを持ち上げようと(or推進力をつけようと)すると、下半身よりも上半身に力が入ってしまいウマクいかない。

左パドルは力を入れずただ漕ぐだけで、ケツと膝を意識してボートを加圧してやると、ワンサイズデカイムーブが出来る。 (少なくとも自分は)

DSC00248.jpg
「CSウェーブ」 この水量だと落差はあるが、バックウォッシュなし。クリーンスピンぎりぎりな感じ


あえて「右パドルを走り出しにちょこっと漕ぎ、左パドルは入れないで左走りブラント」という方法も巧くなる過程で良い方法だと思う。今年はタンでこの練習を結構やった。

実際、この方法でビッグブラントやエアスクリューを繰り出すガタイのいい超有名パドラーがいます。

さらに続く?

DSC00252.jpg

DSC00249.jpg

DSC00250.jpg
宮が瀬-80 相変わらずな感じ。カインズの形はあるんだけどな・・・
右側への流れが増えるのを祈るのみ。

ブラント

川で聞かれることがよくある「ブラントの角度の出し方」について。


一言では言えないが、自分が意識しているのは「バウではなくスターンに意識を持つこと」。
バウを挿すのではなく、スターンを振り上げることを意識してブラントしている。
(以前はバウだったけど)
DSC00245.jpg


バウを意識すると、どうしても上半身が前屈みになってしまう。こうなると上体に力が入ってしまい、カヤックに力が伝わりにくくなる。

※カヤックに直接触れているのは、足・膝・ケツ(腰)であり、それらを引き付ける役目がある腹筋とのコラボでボートを動かすのが基本。上体が動けば動くほど、「ボートに動きを伝える」という意味ではロスになる。
※そもそも「バウを挿す」という行為はブラントとは言えない気が・・
パワーのないウェーブホールなどで、どうしても無理やりぶっ挿すブラントしか出来ない時もあるが、「なんちゃってブラント」ということであきらめましょう。

カヤックが巧くなりたければ、とにかく上体に力をいれてはいけない。
何がなんでも腹筋から下でボートを操作する。(と最近は自分に言い聞かせている)

続く

あー、 「タマガワリバーゲーム」インターミディエイトクラスはテクニカル(エンドでのポイント)あります。 前回の記事で書き忘れましたー。
締め切りは7月6日(月)ですよー!
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク