fc2ブログ

カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

戦慄の膝小僧

昨日カヤックを漕いで久々に戦慄が走る「目からウロコ」な体験をした。

皆さんはカヤックをする時、「膝」をどう収納してますか?


1. 特になにも考えていない。きつ過ぎず、緩すぎないフィッティング。

2. 膝が全く動かないようにガチガチのフィッティング。

3. 膝を外側に押し付けている

4. 膝を内側に押し付けている


どうでしょう?ちなみに僕はというと以前は。 昨日まではでした。(恥ずかしながら)

P4130420.jpg

シールズ浸水ゼロ!!!



ちょっと前、東北大会優勝和也先生と話をしていた時のこと。
ご存知の通り、先生はC-1ばりの激高シートを使用している。
ループでケツが抜けない理由は、どうも全てのムーブ中に膝で意識的にボートを押さえているかららしい。 (しかも内側に)

「小森さん膝で押さえてないの?全然ダメですよ それ」と、ヒドイダメ出しを食らったのはいうまでもないが、まあいつかやってみるかと放置。

昨日、思いつきで「内側押さえ」をやってみる。膝が入るかどうかギリギリの激高シートで。

すごいグラグラするけど、ループしてもケツ抜けない!それどころか全てのムーブに変化が・・・・!

その場でカヤック座りをして膝を浮かして何か(ボールのようなもの)を挟み込んでみると良く分かるのだが、まず

 膝を上げるためにお腹に力が入り、結果的に姿勢がよくなる。


その他には、

 お腹に力が入ることで上半身に力が入りづらく、上半身はリラックスできる。(重心が下がる)


 ヘソの下と下半身でボートを操ることがベストなのは何度も書いたが、意識的にこれをするのは中々難しい・・・ それが膝だけを意識することで結果的に出来てしまう。


 ボートと体との一体感が生まれ、ボートが体に付いてきやすい(と感じた)
人馬一体ならぬ「人艇一体」に一歩近づく?



 腹筋がエライ疲れるので、お腹周りが気になる方は一気にシェープアップ!
  (始めは次の日の筋肉痛凄まじいです)


DSC00022.jpg

こういうエアリアル系でもボート付いてきやすくなった(気がした)


レベルに関係なく全ての人にマジオススメします!

たしかに先生の言うとおり、バックバンドにもたれ掛かったり、切れたりするようなことはなさそうだし、究極的にはバックバンド必要ないかもです。

やってない人はお手軽にレベルアップしちゃうはずです。
コツはボールのようなものを挟み込むイメージで、全てのムーブ中にそれを意識し続けることかな
あっ、ボートに「戦慄の膝小僧」を押さえつけやすくするために、膝を上げるようなフィッティングにしたほうがGOODです
(まあ、まだ1日しかやってないので、とても偉そうなことはいえませんが・・・・)

もしかして皆やってんの?それだったら結構恥ずかしいかも・・・・
スポンサーサイト



プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク