カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

2017日本選手権

IMG_0400 のコピー

「2017日本選手権 in タンの瀬」優勝しました。思えば、35歳を過ぎたあたりから怪我が続き、それまでの自分のスタイルである「オールアウトするまで練習」が出来ない日々が続き、各大会も微妙な仕上がりで臨むことが多かったけれど、昨年の2016Mサイズスターとトランポリンによる大怪我?を乗り越えるために新たなカヤットレーニング方法を模索してきた成果が出た、と言えるのかもしれない。

PIC_0098.jpg

特に10年前に衝撃を受けて練習し続けてきた「アンソニーヤップ」式のピストルフリップを大会で決められたのは嬉しかったなあ。体は全盛期より弱ってきているけど、カヤックは知識と技でカバーできるスポーツ。まだまだ捨てたもんじゃねえ、ってことで。

大会決勝ムービーをタナベさんがアップしてくれたので、貼付けさせてもらいます。


大会は当日はタンの瀬では最も楽しいビッグウェーブ水量。ただ、この水量はとにかく楽しい反面、フラッシーでライド構成が難しい。自分も乗るか反るかだと感じた右回転エアスクリューは、完全に封印して組み立てたけれど、圧巻だったのは女子の高久瞳選手。女子ながら完璧な右回転エアスクリューを武器に決勝の最高得点は350ポイントオーバー!ウェーブでポイントが伸びにくい女子選手としては異例中の異例のビックリライドだった。流石、世界チャンピオン。

ちなみに、彼女が決勝ベストライドを叩き出した直後に宮川氏が嬉しそうな顔をして、「小森さん、やばいよ。笑」と駆け寄ってきたのが相当なプレッシャーになったことを書き残したい。



DSC_0014.jpg

DSC_0020.jpg

あと、今回衝撃的だったのは、C−1のスバル君。北海道の大学出身者である彼は大学卒業後、フリースタイルカヤックのために山形県の職員となり、一年中タンの瀬で漕げる環境を作り上げた強者。
練習段階からとにかくセンスの良さが光っていた。基礎がそこまで積み上がっていないのに、難しいムーブが出来てしまう感覚の選手。通常の段階を踏まずに、高難易度ムーブが出来る事は通常殆どないが、稀にこういうことが可能な天才肌の選手がいる。


大会本番でも、バックパンナム、エアスクリューのみで圧倒的な優勝を手にしていた。やる気・環境含めて、高久選手を除いては、今後世界に最も近い選手だと思っている。



DSC_001243.jpg


それにしても男子K−1はお立ち台が全員カヌーおじさんというあり得ない絵ヅラになってしまった。やっぱり、「最後はカヌーが好きな人間が強い」ということで。ちなみに、カヌーおじさん3人が大会終了直後に練習を続けていたのは、言うまでもありません。


初のお立ち台となった柳本選手。大会直後は喜びを爆発させていた。一応、真面目そうな写真を載せておく。
DSC_00776.jpg

最後にまもなくプレイボーティングが発売されますが、今回のお題は「軸」
実は柳本ちゃんと私はこの「軸」をメイン課題に据えて、この冬練習してきた。フリースタイル以外でもカヤック全般で相当役に立つ話だと思うので、是非ご一読を!
スポンサーサイト

関東大会募集開始です

JFKA第2戦の「関東大会」の募集が始まりました。
大会は6月9日(日)で8日に前夜祭もやるそうです。

写真 (12)


例年、定員オーバーのため、早期の締切となるため早めのお申し込みをオススメしまっす。
遠征組の方も是非どうぞ。スピンホールについては、水がなく良いイメージがない方も多いかもしれませんが、超ショートボート時代の昨今では、日本最高のホールスポットと言っても過言ではないくらい多くのムーブが可能です。(しかも、例年この時期はダムの放流あり)
自分の中では、ウェーブはタン、ホールはスピンホール!ってくらいのスポットです。
ウェーブがうまくなりたきゃ東北大会。ホールで一歩上を目指すなら関東大会ってなもんで。


申込はこちらをクリック!

写真 (20)

OPHIONのNEWパドルその名も「手裏剣」フォームコア。水をこれでもかと言わんばかりにキャッチしガシガシ漕げる。しかもカッコイイ。
クリーンブラントをした日には両パドル裏の手裏剣が光り輝く!最近のイチオシ。

2013全日本選手権

4月28日、東北最上川・タンの瀬にて全日本選手権が行われた。

DSC_0986.jpg

当日の水量は9.5台。今年は3月当初から9.4以上の水量になるとかなり巻きが強く、正直とんでもなく難しい状況が続いていた。そんな状況も溜まった土砂が流れたせいなのか、4月中盤以降から少しづつ安定を見せはじめていた。
そんな中、当日の水量は極難しい訳ではないが、簡単にはプレイさせてもらえないという状況。

DSC_0990.jpg


荒れたウェーブを前に予選・準決勝と全く余裕なし、ヒヤヒヤでの通過となった。

そして、決勝。一本目に満貫とはいかないまでも、8割強のプレイが出来てなんと優勝!
ポイントが2009年のスイス世界選手権を上回っていたため、かなり嬉しい。やっぱり、まだ巧くなってる?笑

写真 (21)

予選・準決勝でのプレイも含めて、安定感が全くなかったのが、大きな反省点だがここ一番でいいプレイが出来たのも昨年からのメンタル系トレーニングの効果が出たということなのかな?

日本代表に選ばれたため、世界選手権アメリカ行きの権利は得られました。ただ、会社での今の立場的にちょっと厳しいかな?と思っていたが、話してみるとなんとまさかの好感触!行けそうなんです。
また、修行の日々ですか・・・


ここ数年、ほぼ同じ顔ぶれだった感のあるナショナルチームだが、今回はなんと5位にサムライ・パキちゃんが入ってきた。僕と同い年だが、ファンテックで毎日のようにカヤックをやり続けてきた努力家。今回も2週間以上前から合宿でタンの瀬入り。バックスタブ中心の男前ライドだった。

他には惜しくも代表漏れしたが、サブちゃんや玉地なんかも随分前からタンの瀬入りして毎日漕いでいた結果、目覚しい成長を見せていた。是非、この調子で漕ぎ続けてこれからの世代を背負ってもらいたい。

昨今、ゆとり教育の代償なのかどうなのか?「日本代表を目指す」などと簡単に口にはしてみたものの、まったく練習量と努力が見合わないゆとり若者が多い中、なかなか根性あるな!という印象を受けました。

大会開催に大いに協力して頂いた朝日町、SDスポーツやボランティアスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。非常に良い大会だったと思います。

DSC_0991.jpg
スラロームオリンピアン一輝と妹のアキちゃんも出場。一輝惜しくも決勝進出ならず。
次の長瀞スピンホールは「何が何でもやってやる」とか。

JFKA最終戦 KEEN CUP

今年は不幸にも天災や水害が重なり、四国大会と関東大会のみの開催となってしまったJFKAサーキット。

来る11/5(土)と11/6(日)「井田川KEEN CUP」が最終戦となってしまいましたが、もちろんやります!
一年に一度の井田川。これに突入して厄を落とさない限り安心して年は越せません。
皆で今年最後のフリースタイルを締めくくりましょう。

※フラットクラスは昨年大好評だったFTRを実施。

締め切りが迫ってきており10/26(水)正午までとなっています。あと3日、忘れずにどうぞ。


詳しくはこちらをどうぞ

写真 (3)_01
フリースタイルパーク「一蘭」

極上のハイドローリックをお客様一人で集中して味わって頂けるよう、ついたてを設けました。13人のお客様に同時にプレイして頂けます。
大盛りを注文して頂くと、ハイドローリックが「強め」となり、特盛りですと、ハイドローリックが「熾烈」となります。

巻かれて出られなくなった時は、上流に向かって「替え玉!」と叫んでいただければ、店員のほうでロープを投げさせて頂きます(有料)

中部大会 IN コンノウェーブ

10月16日(日)長良川コンノウェーブにて中部大会が行われます。

締め切りは10月3日(月)ですのでお早目のお申込みをどうぞ!

前日は講習会及びフリープラクティスとなっています。
一緒に燃え尽き・・・、いや燃え上がりましょう。ライバルは自分です!

申し込みはこちらから!

DSC00425.jpg
2日間連続でフェイクトゥーン水量だった(大月2.85~2.90)
これより下がると急激に小さくなると思われる。上限は3.30くらいとの情報あり。

なんでも、先日の豪雨で富士五湖に幻の赤池が出現して富士六湖になってしまったため、水源下の桂川の水はなかなか引かないらしい。
また少し雨降ると2.85越えあるかも?? 関東どころか、全国的にこんないいウェーブ(フレンドリーかつエアリアル、左右やりたい放題)は稀なのでかなり期待!
砂利が洗い流された鳥沢本家もこれからウェーブモード突入!!
上流も当然かなり水あってダウンリバー最高です。

水のない冬はいくらでも休めばいいが、今やらずにいつやる???
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク