カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

清津峡でBeat down

20170608204734cdc.jpg

満を持して柳本ちゃん安藤太郎と遠征した清津峡だったが、過去にないほど痛めつけられて敗退しました。

20170608204754bcb.jpg

ここは4回目の航行だが、5月中に行ったのは初めてであり、過去の航行の3倍くらいの水が流れていたと思われる。
※それでもゴール地点の下流を見る限り、凄く多くて「危ないかも?」というイメージはなかった。

最初の狭いゴルジュ地帯も全く止まる
地点、下見するポイントのないデッドコースター状態で相当手強かったが、問題はいつもポーテージしていたクラス5〜6地点。元々崩れ易そうな地層だった左岸が、大規模な土砂崩れによりポーテージ不可能になっていた。
その結果、相当なリスクを負って下る選択肢しかなく、結果的に運が悪く?私のスプレーが外れ、追ってきた柳本ちゃんのパドルも折れる、というここ一番で清津峡の悪魔に見入られたとしか思えないような出来事が重なって二人が沈脱。

クリークはもちろん、ダウンリバーでの沈脱もしたことがなかった私は初の流されがシーブもある本気のクラス5、という最悪の事態。
パニックになる暇もないほど、ほぼほぼ水中を流され超ビッグホールにも戻され、下半身のあちこち48カ所を打ちまくり、息絶え絶えで岩場に辿り着いた。シーブがとにかく怖くてずっとオフェンシブスイミングを試みていたと思うが、岩場に辿り着いた時には、手が疲労で痙攣していて、足は打撲が痛くて全く動かなかったことを覚えている。
たしか息絶え絶えに「助かった・・・」と呟いたと思う。

そしてその後は唯一沈脱をしなかった安藤太郎の前方ガイドにより、地獄の2キロ雪解けスイミング。
※私のボートは流され、柳本ちゃんのボートはクラス5区間にブローチングしてしまった。

打撲で足が痛く殆ど動かなかったので、これが本当に辛かった。これは柳本ちゃんも同じだったようで、二人して「もう川に入りたくない」を何度繰り返したか分からない。※清津峡では日本三大峡谷と呼ばれるだけあって、岸を歩けるスペースがほぼ皆無で、クラス3以上の急流を泳ぐしかなかった。

このとき、サンディのフルドライを着ていたのだが、もしフルドライでなければ、低体温症になっていたと思われる。これは本当に良かった。雪解けの川を漕ぐ時はフルドライ。自分の指標の一つとなる経験であった。

あれから2週間が経ち、ようやく下半身の重度の打撲から解放され始めている現在です。安藤太郎が沈脱をしなかったことと、二人とも骨折がなかったことが不幸中の幸いだった。
どちらかの条件でもビバークは必至だったと思われます

今回のBeat downの詳しい内容は次号のプレイボーティングで書く予定です。

2017060820472028f.jpg

皆さんのご協力のお陰で、柳本ちゃんのボートも後日回収されたようです。当日にゴール地点で回収出来た私のボートもそこそこ損傷していますが、こちらはかなりのBeat downです・・
スポンサーサイト

やっぱそうだよね!



水の冷たいあのスポットへ行ったサブちゃんから興奮のコメント。やっぱそうだよなあ。
この時期に鉄板なのが憎い!

タンからの

久々のタン遠征。天童泊まりの寒河江で肉そば。
8・9だけど、久々のタンは楽しくて奥が深い。今回の課題は姿勢維持と連続と軸。何年来ても課題が見つかって飽きないねー。
水の冷たさもグンマーと比べたら正直天国モード。笑



そして、あれからじゃじゃ漏れ、大開放中のここ。夏は読みにくいけど、もしかしたらこの時期は絶対なのかも?
やり込んでみると、かなりいい。深い右岸は準世界標準の練習ができるのかも。



最後に
最近、古い映画をよく見るようになったがこれはすごい。(1973)最後にこんなに天晴れな気分になる映画も珍しい。
スティング(刺す、から派生して、ボッタくる!)
映像美を追求しがちな最近の映画と一線を画して、これぞ映画!

マキタの掃除機すごかー

4年前に購入して、その手返しの良さに感動して、買ってよかった白物家電ベストバイに君臨していたマキタのコードレス掃除機。

さらにパワーのあるものがどうしても欲しかったので、満を持してハイパワータイプを購入。業務用でもよく使われているようで、大型店舗の掃除をこれで行っているのを見かける事もよくある。

20170302221537e7e.jpg
写真左が今回買ったマキタ CL182FDRW

使ってみてそのパワーと連続使用時間に感動。本当素晴らしい掃除機。重さも大型バッテリー込みで1.5kなので手返しが早い。さらに今回は棚とかの掃除用に毛がついたアタッチメントも手に入れたけど、サッシや幅木上の掃除にこれもまたいい。なんで4年前にこれ買わなかったかね?笑
このパワーなら車の掃除も完璧やね。とにかくマキタ万歳。掃除のモチベーション含めて手放しでオススメです。
実家の親へのプレゼントもこれで決定だわ。

例のところで

例の場所が毎日フル放水と聞きつけてタマジとプチ遠征。現地で新婚バシケンさんと合流。

DSCN34701.jpg

手前の浅い部分いっぱいに水が流れていたらフル放水の証。実は夏場はフルはあまりない。フル放水かつ下の水も浅いので、全体がエラい巻いている。慣れない人がいくと、真ん中で沈脱するのかも?

左岸は浅いので基本的に左右マックの練習オンリー。右岸は難しめだけど、まあまあ深いからカート、エアループはじめ、やろうと思えば結構色々できる。(※ゲームでいうと右岸は基本的にHARDモード)

巻きよりもよっぽど恐怖だったのは水の冷たさ。100%オレンジジュースならぬ100%雪解け。
フルドライに暖かい手袋とキャップは必須。今度は掟破りの2ミリのエアフュージョンキャップを持ってこようとさえ思っている。

なんせ氷河期を生き抜いてきた祖先の末裔とさえ言われている三兄弟の長兄と末っ子であるヤラレ先輩タマジ。その屈強な彼らが根をあげるほどの尋常ではない水の冷たさ。(※余談だが次男はパキちゃん)3月初旬のタンの瀬の冷たさで、毎回沈するホールプレイをやっている感じ。芯まで冷えるわ。

また行くけどね。笑

DSC_0001.jpg
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク