カヤック中心・計画性のないフリースタイルな生活での思いつきを日々書けたら・・

清津峡でBeat down

20170608204734cdc.jpg

満を持して柳本ちゃん安藤太郎と遠征した清津峡だったが、過去にないほど痛めつけられて敗退しました。

20170608204754bcb.jpg

ここは4回目の航行だが、5月中に行ったのは初めてであり、過去の航行の3倍くらいの水が流れていたと思われる。
※それでもゴール地点の下流を見る限り、凄く多くて「危ないかも?」というイメージはなかった。

最初の狭いゴルジュ地帯も全く止まる
地点、下見するポイントのないデッドコースター状態で相当手強かったが、問題はいつもポーテージしていたクラス5〜6地点。元々崩れ易そうな地層だった左岸が、大規模な土砂崩れによりポーテージ不可能になっていた。
その結果、相当なリスクを負って下る選択肢しかなく、結果的に運が悪く?私のスプレーが外れ、追ってきた柳本ちゃんのパドルも折れる、というここ一番で清津峡の悪魔に見入られたとしか思えないような出来事が重なって二人が沈脱。

クリークはもちろん、ダウンリバーでの沈脱もしたことがなかった私は初の流されがシーブもある本気のクラス5、という最悪の事態。
パニックになる暇もないほど、ほぼほぼ水中を流され超ビッグホールにも戻され、下半身のあちこち48カ所を打ちまくり、息絶え絶えで岩場に辿り着いた。シーブがとにかく怖くてずっとオフェンシブスイミングを試みていたと思うが、岩場に辿り着いた時には、手が疲労で痙攣していて、足は打撲が痛くて全く動かなかったことを覚えている。
たしか息絶え絶えに「助かった・・・」と呟いたと思う。

そしてその後は唯一沈脱をしなかった安藤太郎の前方ガイドにより、地獄の2キロ雪解けスイミング。
※私のボートは流され、柳本ちゃんのボートはクラス5区間にブローチングしてしまった。

打撲で足が痛く殆ど動かなかったので、これが本当に辛かった。これは柳本ちゃんも同じだったようで、二人して「もう川に入りたくない」を何度繰り返したか分からない。※清津峡では日本三大峡谷と呼ばれるだけあって、岸を歩けるスペースがほぼ皆無で、クラス3以上の急流を泳ぐしかなかった。

このとき、サンディのフルドライを着ていたのだが、もしフルドライでなければ、低体温症になっていたと思われる。これは本当に良かった。雪解けの川を漕ぐ時はフルドライ。自分の指標の一つとなる経験であった。

あれから2週間が経ち、ようやく下半身の重度の打撲から解放され始めている現在です。安藤太郎が沈脱をしなかったことと、二人とも骨折がなかったことが不幸中の幸いだった。
どちらかの条件でもビバークは必至だったと思われます

今回のBeat downの詳しい内容は次号のプレイボーティングで書く予定です。

2017060820472028f.jpg

皆さんのご協力のお陰で、柳本ちゃんのボートも後日回収されたようです。当日にゴール地点で回収出来た私のボートもそこそこ損傷していますが、こちらはかなりのBeat downです・・
スポンサーサイト

清津峡

5月のビッグウォーター清津峡へ!

今回はスノーブリッジを登るつもりで最終兵器投入。



キーンブーツへの装着


そしてテンションが上がってきたので、システム作成。


たのすぃー

衝撃の事実に直面する



「伊藤さん、膝を外し過ぎだからですよ。」
タンの瀬10mで苦戦する伊藤さん対してアドバイスしたこの言葉が端緒であった。

先日その時のことをふいに思い出して、スラロームで自分の動きを確認したところ、自分も「大事なところで膝を緩めている」という衝撃の事実に気づいてしまった。

「大事なところ」というのは、スイープやブーフ時など、ここぞという一発の大事なストーローク時。また、フリースタイルプレイではブラントを打つ瞬間、ループやフォニックスを刺す瞬間、エアー着地の瞬間など、(アソビなくボートを動かすために)本来最も膝に力を込めるべき瞬間に、逆に力を抜いてしまっているのである。
(これはパンチを打つ瞬間に、拳から力を抜いているのと同じようなことである。)
具体的にいうと、本人的には気付かずに、膝ではなく足先寄りに力を込めてしまっていたのだ…
※多分 膝:足先=4:6くらいのバランスで。

カヌーは、体幹の最も大きな筋肉である腹筋と膝の引きつけによりボートを動かすスポーツなので、体幹から最も離れていて小さな筋肉しかついていない足先では当然ボートを動かしにくい。
動かせないものを無理やり動かそうとすると、あとは上体の筋肉(背中)を使うしかない。
結果的に効果的にボートが動かせていない、ということになる。
(そして結果的に姿勢も悪くなるという悪循環。)

気付かずにやっていたことなので、修正するためには、もう毎回意識するしかない。ということで、かつてないほど膝を意識してブーフやスラのストロークの練習を行ったら、「これ全然別物、っていうくらいボートが付いてきますやん」という効果が確認できた。

紅葉



久々の紅葉峡。来週に水多めの清津峡に行く予定なので、その漕ぎトレも兼ねて。(湯原@3・5)
クリーク艇で真剣に水上を漕ぐのは初めてかもしれないけど、ちゃんと漕ごうと思うとフリースタイル艇より断然難しいね。笑

急な曲げに対応できない上に、これくらいのビッグウォーターだと意外と不意に曲げられてしまう。
そこらへんが断然面白い!
クリークだと、ここまで水のある状況は少ないから、分からなかった。水の速さなら軽くカイツナを超えてるしね。


バシケンさんなら、なんでもできるホール。
なかなかいい。リエントリーは可能。

計2本漕いで終了。意外にこの水量でもかなり楽しかった。

勇者現る!



確かに、「空身で飛び込めるんだったら、カヌーなら余裕でしょ!」っていう発想が普通なんだと思う。この乗るか!反るか?みたいな絶妙な空中姿勢…

表面張力の怖さだけは、痛い思いしないとピンとこないわ。恐ろしや〜。
プロフィール

sinsinz

Author:sinsinz
小森 信太郎
「復活しました!」

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク